不動産売却での手取り計算方法は?

不動産売却での手取り計算方法を知るには、諸費用だけでなく、税金についても知っておかなければなりません。

諸費用では最も高額になるのが仲介手数料です。仲介手数料は法律によって上限が決められており、家売る価格が400万円超の場合には売却価格に3%を乗じた金額に6万円を足した額になります。3千万円ならば、3千万円に3%を乗じた90万円に、6万円を足して96万円です。これは税抜きの金額なので、税込みですと1,036,800円になります。これは上限の金額ですので、不動産会社によってはもっと安くなっていることもあります。それに加えて印紙代などで5万円程度がかかります。

不動産売却では税金がかかると言われていますが、すべての場合に税金がかかるわけではありません。自分で購入した不動産なら、年月の経過とともに価値が下がっていき、売却時には損失が出ていることも多いでしょう。損失が出ている場合には、税金はゼロになります。マイホームの場合ですと、利益が出ていても3千万円までは特別控除ができますので、多くの場合に非課税となります。マイホーム売却で特例が適用されるためには、一定の条件を満たしている必要があるので、よく下調べをしておきましょう。

特例が利用できない場合、もしくは特例を利用してもなお譲渡所得がプラスとなっている場合には、長期譲渡所得では所得税15%、住民税5%、短期譲渡所得では所得税30%、住民税9%の税金がかかります。さらに復興特別所得税がかかることも忘れないでおきましょう。

28. 8月 2016 by Freund
Categories: 不動産売却, 手取り計算方法 | Tags: , | Leave a comment

カードローンのキャンペーンは本当にお得?

カードローン会社は数が多く、競争が激しいため、様々なキャンペーンを行っています。最近流行っているのは、特定の条件をクリアしての借り入れであれば利息を取らないという無利息キャンペーンです。また、インターネットからの申し込みであれば利率を低くするといったものもあります。では、こうしたキャンペーンを利用してカードローン審査明確に申し込むことは得になるのでしょうか。
まず、大前提として、借りる必要もないのに借りてしまったら、それは絶対に得にはならないということです。無利息であれば、確かに金利はかからないので借りたお金をそのまま返せば済みますが、無利息で借りられる期間を超えてしまった場合は金利がかかってしまうのが普通です。その場合、当然、利息の分だけ損をしてしまうことになります。
また、いくらいい条件で借りられるからといって、利便性の低いカードローンに申し込んでしまうと、後々苦労することになります。たとえば中堅以下のカードローン会社の場合、返済できるATMの数が少なく、自宅近くの銀行やコンビニからは返せないので、自転車や車で遠出しないといけないといったケースもあり得ます。また、利用限度額が低く、いくら使っても増えないので、結局、別の会社に申し込んで新しいカードを作る羽目になったということもあります。
なので、確実に得になるケースとしては、もともとお金を借りるつもりで、使い勝手のいい大手のカードローン会社に申し込めた場合のみといえるでしょう。

23. 8月 2016 by Freund
Categories: 借入 | Tags: | Leave a comment

今すぐお金が必要でキャッシングを利用したときの体験談

普段使っていないクレジットカードで買物をしたことを忘れていて、それも普段と引き落とし日が違うことから今すぐお金が必要な状況となってしまいました。
購入をした時にはお金が入る予定がありましたから、支払い自体は問題なかったはずなのですが引き落とし日が普段と違うことを忘れていたのです。
引き落とし日の前に気づいただけでもましだったのですが、お金がないことには変わりなくどうしたら良いのか悩んでしまいました。
今すぐお金が必要なわけでなければ、なんとでもなるのですがカードの支払が遅れた場合どのようなペナルティがあるか、将来的にどのようなデメリットがあるのかわからない以上支払いを遅らせることはしたくありませんでした。

そこで、すぐにお金を振り込んでくれるというキャッシングがあったのでそれを使ってみることにしたのです。
ここで駄目ならすぐに別の方法を試さないと駄目だと思い、なんとかここで借りることができればと考えていました。
手続き自体は難しいことはなかったのですが、入力項目が多かったのでどこか間違っていて審査に通らないではと不安でした。
しかし、申込をしてからしばらくすると審査の可決の通知が来て融資を受けられるようになったのです。
すぐに振り込みをして貰う手続きをしたのですが、そのまま引き落としのある口座に入金をしてもらうことにしたので、わざわざATMに出向く手間も省けました。
無事に入金がされたことで、引き落としも間に合って助かりました。
銀行でお金を借りる【2016年】おすすめ低金利カードローンはこちら

14. 8月 2016 by Freund
Categories: 今すぐお金が必要 | Tags: | Leave a comment

「携帯でキャッシング」をインターネットで検索すると…

携帯でキャッシングという言葉からして、何やら怪しいサービスではと疑問を抱くところですが、実は携帯からキャッシングできるサービスというのは普通に存在します。検索した時に表示されるサイトに、大手消費者金融のモビットや銀行系のキャッシングであるレイクなどの文字が見られますが、これらの大手企業では携帯でもキャッシングできる体制を整えていますので、問題ありません。
しかし、携帯でキャッシングと宣伝している業者の中には、悪質なものも含まれています。一般的な宣伝ではなく、携帯電話宛のダイレクトメールによって、キャッシングサービスの宣伝をしている業者に多く見られます。
これらの業者の特徴は、審査なしで借りられる、本人確認書類は不要、債務整理中のブラックでも借りられるといった内容がほとんどです。
原則としてキャッシングサービスを利用する際には、本人確認が必須ですし、審査なしで貸してくれるようなことはありません。債務整理中は一定期間、借入ができない状態です。つまり、これらを無視してでも借りられるキャッシングサービスとは、違法業者である可能性が極めて高くなります。ダイレクトメールなどに記載されている電話番号にかけることでお金を貸してくれますが、借りたら最後、しつこい取立ての被害にあう危険があります。
利息制限法を遥かに超える高い金利設定をしたり、自宅や家族宛にしつこく電話をかけてきますので、絶対に利用してはなりません。

05. 8月 2016 by Freund
Categories: 携帯でキャッシング | Tags: | Leave a comment

無利息でキャッシングするメリットデメリット

無利息キャッシングは、メリットばかりであるかのように思えますが、実はデメリットも存在します。まずはメリットについて解説し、その後でデメリットを見てみます。

無利息キャッシングのメリットは、期間限定ですが利息がゼロになるということです。これは借入する金額が大きいほど、効果が高くなります。例えば、金利18%で30万円を借りた場合ですと、利息は30日でおよそ4500円となります。この利息がまるまる節約できるということになります。

無利息キャッシングのデメリットは、サービス期間が終わったあとの利息の負担が大きいということです。30日間無利息のサービスがある消費者金融で借りたら、30日間は金利がゼロになりますが、その後は金利が18%になります。借入する金額や返済期間にもよりますが、金利14%の銀行カードローンで借りていたほうが得をしていたという結果になることもあります。

30万円を金利18%で借りて、毎月3万円ずつ返済していったとすると、最初の30日は金利ゼロであるとして計算をしても、利息はおよそ2万2千円かかります。無利息期間はないが金利14%の銀行カードローンで同じ計算をすると、利息はおよそ2万1千円です。銀行カードローンで借りていたほうが節約できていたという結果になりますね。

また、無利息キャッシングの利用でも借金をしていることになりますので、個人信用情報に記録が残ります。延滞をせずに良好な利用をすればデメリットはほとんどありませんが、延滞をしてしまうと個人信用情報に傷がつき、大きなデメリットを被ることになる可能性もあります。利息がゼロであっても、リスクは存在するということは忘れないでおきましょう。

21. 7月 2016 by Freund
Categories: キャッシング, 無利息 | Tags: , | Leave a comment